Jクラ無課金攻略ブログ 問い合わせサイト利用について
「Jクラ」を無課金で攻略する情報ブログです。

グレード別(選手別)センス抽選確率

最終更新日:2021/03/09 カテゴリー:Jクラ攻略

グレード別(選手別)センス抽選確率
こちらでは、選手別・グレード別・カード別にどのようなセンスが当選するのか検証しています。
全体のセンス抽選確率とは違い、グレードによる違いや、選手固有のSPスキルの違いに影響を受けるかどうかも確認していきます。

トレーナーグレードによるセンス抽選確率

・AおよびBセンスが出る確率

~G19 G20~39 G40~54 G55~69 G70~84 G85~
0% 3.8% 12.6% 19.0% 33.3% 100%

※G85以上のダブリ回数が少ないため、検証値は暫定。

以下、検証データの元となった詳細データをご紹介します。

橋本拳人の場合

高グレードとなる、G94橋本拳人の場合です。
【スタミナタイプ】

・G94 レギュラーカード(トレーナーとなるカード)

ランク センス名
A テクニック20%アップ
A スピード20%アップ

・G51 グローリーカード(トレーナーとなるカード)

ランク センス名
C ディフェンス強化C+
D スタミナ5%アップ+
D テクニック5%アップ
D パワー5%アップ

G94のレギュラーカードをトレーナーにした場合、すべてAランクとなりました。
トレーナーが高グレードになる場合、センスも比例して高グレードになる可能性がありそう。

室屋成の場合

旧カード同士と、新旧カードによるフュージョンの検証。
【スピードタイプ】

・G88 2019レギュラーカード

ランク センス名
A パススキル強化A
B ディフェンス15%アップ
B スタミナ15%アップ

・G84 2020レギュラーカード

ランク センス名
C パススキル強化C+
D EP10%アップ
A スタミナ20%アップ
D EP10%アップ
D EP10%アップ
B パススキル強化B
A パススキル強化A+

・G44 グローリーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
C ディフェンススキル強化C+

旧カード(G88)をトレーナーにした場合と、新カード(G84)をトレーナーにした場合で、ランクに顕著な差が出ました。
やはりトレーナーのグレードによってA・Bランクの出やすさに差がありそうです。

レアンドロの場合

【バランスタイプ】

・G86 2020レギュラーカード

ランク センス名
B オフェンス15%アップ
B パワー15%アップ+

永井謙佑の場合

2019シーズンのトップスコアラーG84をベースとした場合。
【スピードタイプ】

・G83 レギュラーカード

ランク センス名
B ドリブルスキル強化B
D スタミナ5%アップ+
D EP10%アップ
D EP10%アップ

・G22 グローリーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
D スタミナ5%アップ+
D スタミナ5%アップ+
C ドリブルスキル強化C
C ドリブルスキル強化C
D EP10%アップ
D スピード5%アップ
D テクニック5%アップ
D EP10%アップ+

東慶悟の場合

【スタミナタイプ】

・G82 2020レギュラーカード

ランク センス名
C EP20%アップ+
C パススキル強化C
D テクニック5%アップ
C パススキル強化C
D EP10%アップ+
C EP20%アップ
B パススキル強化B
C パワー10%アップ+

・G43 グローリーカード

ランク センス名
A EP50%アップ+

・G23 グローリーカード

ランク センス名
D スピード5%アップ
D EP10%アップ
D ディフェンス5%アップ

三田啓貴の場合

ベースとなるカードは2019年NEWWAVEのG83。
一方2020のレギュラーカードはG76となる。
【スタミナタイプ】

・G76 2020レギュラー

ランク センス名
B EP30%アップ
D パワー5%アップ
A スタミナ20%アップ+
C EP20%アップ+
C パススキル強化C
C パススキル強化C

・G39 2020グローリー

ランク センス名
D スピード5%アップ
D スピード5%アップ
C EP20%アップ
D EP10%アップ
D スピード5%アップ
D パワー5%アップ
D スピード5%アップ+
D スタミナ5%アップ

アダイウトンの場合

比較的手に入りやすいG80のカード。
【スピードタイプ】

・G80 2020レギュラー

ランク センス名
B ドリブルスキル強化B+
A オフェンス20%アップ+
C テクニック10%アップ
D スタミナ5%アップ
C EP20アップ+
A スピード20%アップ+
C ドリブルスキル強化C+
A EPアップ50%アップ+
C ドリブルスキル強化C
D テクニック5%アップ+
C テクニック10%アップ
C スタミナ10%アップ+

なぜかG80同士のフュージョンは、クラブリンクだらけの結果となりました。

渡辺剛の場合

今後の成長が期待できる若手。
【パワータイプ】

・G77 2020レギュラー

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C
B EP30%アップ
A ディフェンススキル強化A
C ディフェンススキル強化C
B パワー15%アップ+
A ディフェンススキル強化A+
A EP50%アップ
D テクニック5%アップ
C パワー10%アップ
D テクニック5%アップ

・G40 グローリーカード

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C

このG77の渡辺はAランクのSPスキルを持っていませんが、上ブレしてスキル強化Aが2回も出ました。

アルトゥール シルバの場合

【バランスタイプ】

・G73 レギュラー2020

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C+
A パワー20%アップ
C ディフェンススキル強化C
D スピード5%アップ

・G30 グローリーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
D EP10%アップ
D オフェンス5%アップ
C ディフェンススキル強化C
D テクニック5%アップ
D ディフェンス5%アップ
D EP10%アップ+

小川諒也の場合

グレードが低く新旧同グレード。またCスキルしか持たない選手の場合。
【スタミナタイプ】

・G67 2020レギュラー

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C
D オフェンス5%アップ+
D スピード5%アップ

・G67 2019レギュラー

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C
C ディフェンススキル強化C
D スタミナ5%アップ
C スタミナ10%アップ

・G21 グローリーカード

ランク センス名
D ディフェンス5%アップ+
D EP10%アップ+
D スタミナ5%アップ
D スタミナ5%アップ
C ディフェンススキル強化C
C ディフェンススキル強化C
D テクニック5%アップ
C ディフェンススキル強化C
D EP10%アップ
D ディフェンス5%アップ
C ディフェンススキル強化C
D ディフェンス5%アップ
D テクニック5%アップ
C ディフェンススキル強化C
D EP10%アップ
D EP10%アップ+
D EP10%アップ

田川亨介

強化元のカードは、G70の日本代表カード。
【スピードタイプ】

・G62 レギュラー2020

ランク センス名
A スピード20%アップ
D テクニック5%Aアップ
C テクニック10%アップ
C EP20%アップ
C オフェンス10%アップ
B パワー15%アップ
D パワー5%アップ
B パワー15%アップ
D EP10%アップ+
D スピード5%アップ
B EP30%アップ
D スタミナ5%アップ
C シュートスキル強化C

中村帆貴の場合

2020年に登録された低グレードの選手。
【スタミナタイプ】

・G57 レギュラーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
D テクニック5%アップ
B テクニック15%アップ
D スピード5%アップ
D テクニック5%アップ+
B スピード15%アップ
D テクニック5%アップ+
C ディフェンス10%アップ+
D EP10%アップ
B スタミナ15%アップ
D EP10%アップ
B パススキル強化B
D スタミナ5%アップ

・G26 グローリーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
D EP10%アップ
B EP30%アップ
D EP10%アップ
D テクニック5%アップ
D パワー5%アップ
B パススキル強化B
D パワー5%アップ+
D スピード5%アップ

安倍柊斗の場合

同じく、2020年に登録された選手。
グレードが低いため、当然ながらトレーナーとしてのグレードも低くなります。
【スタミナタイプ】

・G56 レギュラーカード

ランク センス名
C ディフェンススキル強化C
D EP10%アップ
C ディフェンススキル強化C
C ディフェンススキル強化C
D スタミナ5%アップ
D パワー5%アップ
D パワー5%アップ
C ディフェンススキル強化C

・G17 グローリーカード

ランク センス名
D EP10%アップ
D オフェンス5%アップ
C ディフェンススキル強化C+
D EP10%アップ
D スピード5%アップ
D パワー5%アップ+
C ディフェンススキル強化C

ダブリのレギュラーカードを使ってもC+が最高という結果になりました。

グレードによるセンス抽選の結果

トレーナーのグレードが70を超えるてくるとAセンスもチラホラ確認でき、G85以上となるとかなりの確率でB以上となる結果になりました。
つまりトレーナーのグレードが、センス抽選確率と因果関係があるということになります。
さらに、所持SPスキル以上の「強化センス」が出現することも確認できました。

一方で、トレーナーのグレードが50台だとBセンスを出すのはかなり難しい印象ですが、全くでないということでもないようです。
何度もダブるお気に入りクラブの低グレード選手においては、低確率ではありますが、良センスが出るまでフュージョンを行い、強くなった時のために取っておくと良いかもしれません。

また、今回のデータから「選手タイプ」とセンスの発生確率には因果関係が無いと結論づけられると思います。

これは個人のブログです。転載・転用は禁止します。
wikiやまとめサイトへの投稿は絶対にしないで下さい。

役に立ったと思った方はフォローをお願いします。
ユーザーID:881-118-555
※皆様フォローありがとうございます!
空きが増え次第、順次フォロバさせていただきます。

投げ銭←も、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんこちらも読んでいます

攻略メニュー

イベント攻略

考察・ガチャ結果

フラフレ
ブログへの寄付・投げ銭